自分を行動へと突き動かす正体~虐待されて芽生えた感情の話

今日は、自分を行動へと突き動かすものについてのお話です。

スキルやノウハウよりももっと大事なものがあります。

これまで自分の内に秘めていたことがあります。

今回、あなたの参考になることが少しでもあればと思い、自分の子供の頃の体験を告白します。

悲劇の始まりはスイミング

私は小さい頃から、とっても活発な子供で目立つ存在でした。

常に人の中心にいる、ひょうきんな性格で、サッカーチームでもソフトボールのチームでもキャプテンを務めていました。

そんな私には、4つ離れた年上の兄がいました。

兄はどちらかというと、根暗な性格で決して目立つようなキャラではなく、スポーツもそこそこ。

私とは対称的な性格でした。

そんな兄にも、唯一自信を持っているものがありました。

それは、水泳。

親からスイミングスクールに通わせてもらうようになり、のめり込んで行きました。

その姿に影響を受け、弟の私も「自分もスイミングやりたい!」と親にねだって同じスイミングスクールに通うことになりました。

兄がやっている習い事に、後から弟もやり始める。

実によくある話ですよね。

でも、これが私の悲劇の始まりでした。

兄の後からスイミングを習い始めた私は、どんどん進級・飛び級していきました。

ついには、選手育成コースにも入りました。

これは、未来のオリンピック選手を養成するコースです。

2,000人程の中から選ばれたとのことで、親は当然に大喜び。

私に期待を寄せ、全面的にバックアップをしてくれました。

実兄から受けた虐待

でも、面白くないのは私の兄です。

自分が唯一自信を持って取り組んでいた水泳でしたが、それすらも弟に追い越されてしまったのです。

ここから兄から私への執拗な虐待が始まりました。

私は同級生とのケンカでは負け無しでしたが、小学生における4つの歳の差はあまりにも大きかったです。

毎日ボコボコ殴られて、青アザだらけでした。

殴られたことを親に告げると、2倍返し3倍返しでまたボコボコにやられます。

恐怖で体が震えていました。

今こうして書いていても、当時のことがフラッシュバックしてきます。

私が兄から殴られていたのは、兄よりも勝ってしまって生意気だったからです。

兄は兄なりにスイミングを頑張っていたつもりなのでしょう。

でも、私からすれば「並みの努力」しかしていないように映りました。

弟の私からすれば、なんで兄からこんな目に遭わされるのかわかりません。

納得のいかない私は、兄に向かって行きました。

でも、何倍にもなってボコボコにされる。

この繰り返しでした。

こんなことを繰り返しているうちに、水泳への情熱は失せていきました。

殴られながら芽生えた感情

私が小学6年生のとき、高校生の兄にボコボコに殴られていたとき、私の中に一つの強い感情が芽生えました。

それは、

「今に見てろよ!」
「なめんなよ!」

という感情です。

これまでの私の反応は、「殴られる→泣く」の繰り返しでした。

でも、その感情が芽生えて以降、私は殴られて泣くということは一切しなくなりました。

「泣くもんか!」と固く心に誓ったのです。

そして、「今に見てろよ」「なめんなよ」という感情は、私の人生の中でことあるごとに、自分を突き動かすエネルギーになりました。

もうお気づきの通り、人を行動へと駆り立てる原動力は、スキルやノウハウじゃないんですよね。

人を行動へと駆り立てる最大の原動力は、心震えるほどの感情です。

感情には、例えば

  • 欲望
  • 恐怖
  • 勇気
  • 快・快感
  • 怒り
  • 嫉妬
  • 後悔
  • 希望
  • 感動
  • 好奇心
  • 責任
  • 悲しみ


などいろいろあります。

私の場合は「怒り」の感情がエネルギーになっています。

「今に見てろよ」
「なめんなよ」

という反骨心に満ちた感情。

これが自分の根底にあるからこそ、会社で理不尽にパワハラされたり干されても、心が折れてうつ病になったりすることなく、やってこれたのかな・・・と最近思うようになりました。

自分を突き動かすものは?

ここまで読んでくれてありがとうございました。

あなたも、会社生活が続けていると理不尽な扱いをされたことが、1度や2度ならずあることでしょう。

その時、あなたはどんな風に感じましたか。

どうなりたいと感じましたか。

そこに向けて、どんな行動を取りましたか。

それとも行動できませんでしたか。

なぜ行動できなかったのでしょうか。

■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料限定プレゼント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━■◆■



   

【無料】プレゼントを受け取ってみる




・自分を変えたい!
・会社を辞めたい!


とは思うけど、そう簡単にはならない現実。


日々悶々としていた社内ニートが
給料以外の副収入を持つオーナーになりました。


その結果、ずっとモヤモヤしていた不安が消えました。


・なぜ、そんなことができたのか
・どうやって、それを実現したのか

ノビのメールストーリーの登録者限定で
今なら【無料】の電子ガイドブックで
差し上げています。


全くの初心者から始めて、
自力で稼げるようになった過程を
まとめたメールストーリー。

【内容の一部】

# ボコボコにされ地を這いつくばった末に至った結論
# 会社を辞めたい!でも、多くの人が会社に行く3つの理由
# 赤っ恥を告白!会社で干されたときの一部始終
# タイムマシンで過去に戻れても絶対にやり直さないこと
# 過去の辛い出来事を人生好転のきっかけにする魔法のコトバ
# 自分で稼げる人と稼げない人の共通点と決定的な違い
# 苦労して難関資格を取得して沸き起こった感情
# 時給労働者からオーナーになって気づいたこと
# 早期希望退職のリアル|実際の現場はこうだった・・・(゚A゚;)ゴクリ
# ジャングルに放たれた動物園のライオンの末路(?)
# 7割で1歩踏み出す人生と完璧主義でゲームオーバーする人生
# 理想の自分に変えるために一番最初にすること


   

【無料】プレゼントを受け取って第1話を読んでみる



関連記事

  1. BMIの基準値超えで特定保健指導を受けろとかしつこい!義務なのか?断っ…

  2. 私は大企業病にかかった組織で不毛な時間を過ごしていただけだった

  3. 予算1万円のプレゼント(ギフト)で花よりも喜ばれた最強の一品

  4. 職場で居場所がない!辞めたい!それでも転職せず複業を選んだ私の理由

  5. ファンド型投資詐欺の手口と見抜く方法!母の被害額は取り戻せるのか

  6. 【緑内障検査の体験談】チェック方法・時間・費用と進行を抑える予防法も!…

  7. お金借りたい?自己破産直前に送ったメールと末路を確信した返信の内容

  8. 財布拾った|交番に届けなかった理由とネコババや権利行使の損得勘定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私の過去と日常

    熟年離婚に備える40代専業主婦が発した一言から刷…
  2. 私の過去と日常

    【自己紹介】40代リストラ対象の社内ニートが7つ…
  3. 私の過去と日常

    BMIの基準値超えで特定保健指導を受けろとかしつ…
  4. マインドセット

    人生の目標を見失った…人生の折り返し年齢からでも…
  5. お金の知恵

    親の死への準備でわかった失敗しない葬儀社の選び方…
  6. 私の過去と日常

    親の死への覚悟や心構えと葬儀で考えた40代男の今…
  7. マインドセット

    このままでいいのか?と仕事に不安を感じていた私が…
  8. ブログ・マーケティング

    ブログで稼げない3つの原因と初心者が挫折しないた…
  9. マインドセット

    人生の最期に後悔しないために80代へのアンケート…
  10. お金の知恵

    住宅ローンがもう払えない!任意売却できるタイミン…
  11. お金の知恵

    住宅ローンを滞納したらどうなる?競売手続き開始ま…
  12. お金の知恵

    住宅ローンの返済がきつい!滞納・任意売却の前にで…