為替ヘッジとは?ありなしの違いをわかりやすく図解&シミュレーション!

つみたてNISAやiDeCoで外国の株式や債券を運用するファンドを購入しようと思っている。
為替ヘッジありかなしかを選ぶことになるんだけど、そもそも為替ヘッジの意味がわからない。。。

今回はこんな疑問について、証券アナリスト・FP1級の資格を持つ私(ノビ)が、図解やシミュレーションも取り入れてわかりやすく解説していきます。

為替ヘッジが「あり」か「なし」かで、メリット・デメリットはあります。

しかし、もし私が投資するのであれば為替ヘッジ「なし」を選びますかね。

なぜなら、円安になれば大きく儲けることができるからです。

全財産を海外のファンドに投じているわけではなく、”リスクマネー”としてアップサイドを狙いたいのであれば、ですけどね。

逆に、円高になれば損が出で投資元本を減らすことになります。

「”元本割れ”なんてとんでもない!」っていう気持ちももわかりますけどね。

為替ヘッジとは?

為替ヘッジとは何か。

まず結論をお伝えします。

為替ヘッジとは、現時点で将来の為替を予約して確定させて、為替変動のリスクを避ける方法です。

これだけで「わかった!」と納得できれば、この先を読み進めていただかなくて大丈夫です。(^^)

でも、

はぁ?なんのこっちゃ?

って感じる人が多いと思います。

そこで、今回は具体例を取り上げながら初心者でもわかりやすいように解説していきます。

為替とは?

そもそも為替とは、異なる国の通貨と交換する取引レートのことです。

例えば、日本の円と米国のドルの為替レートは、1ドル=100円とか言ったりしますよね。

そして、為替レートは一定ということはなく、常に動いていきます。

例えば今、手元に100万円あるとします。

1ドル=100円の時に米国ドルに換えると、10,000ドルになりますよね。

これをそのまま3か月後に日本円に戻すときに、為替レートは変動していて、そのレートによって手元に戻ってくる日本円は変わってきます。

例えばこんな具合に。

  • 1ドル=110円(円安)▶110万円(10,000ドル×110円)
  • 1ドル=90円(円高)  ▶90万円(10,000ドル×90円)

もともと手元にあったのは100万円ですから、為替の変動によって儲かったり損したりします。

このように変動することを「リスク」と言います。

損することが「リスク」じゃありません。

為替ヘッジをする意味は?

将来の為替レートは、誰にもわかりません。

急激に円高が進んで大損ぶっこいてしまう可能性だってあります。

となると、将来の為替の変動リスクを避けたいって思うのが人情。

そんなときに用いられる手法として「為替ヘッジ」があります。

「ヘッジ」は避けるという意味です。

では、為替が変動するリスクをどのように“ヘッジ(避ける)”するのか?

それは、将来の為替レートを現時点で決めてしまう(固めてしまう)ことでできます。

先程お伝えした「為替ヘッジ」の定義をもう一度確認してみてください。

為替ヘッジとは、現時点で将来の為替を予約して確定させて、為替変動のリスクを避ける方法

どうでしょう。

先ほどよりは理解が深まったでしょうか。

では、ここまでで得た知識をベースにもう少し深堀りしていきましょう。

為替ヘッジが「あり」か「なし」かを考えるのは、例えばあなたがつみたてNISAやiDeCoなどで海外の投資信託を購入するときですよね。

ここからは、次のようなことをカバーして行きます。

  • 為替ヘッジにおける将来の為替レードは、どうやって決まるのか
  • 為替ヘッジ「あり」と為替ヘッジ「なし」でどう変わるのかをシミュレーション

為替ヘッジでの将来の為替レートの決まり方

先ほど為替ヘッジのやり方は、現時点で将来の為替を確定させておくとお伝えしました。

将来の為替を確定させることは、「為替予約を行う」と言ったりします。

それでは、為替予約のレートはどのように決まるのでしょうか。

結論を先にお伝えすると、将来の為替レートは2通貨間の金利差によって決まります。

シンプルな具体例で説明しますね。

  • 現在の為替レート1米ドル=100円
  • 円金利:1%(年率)
  • 米金利:3%(年率)

このときに、為替予約をします。

手元にある100万円は、1年後に101万円に増えています。

一方、現時点の100万円は、10,000米ドルと同じ価値を持っています。

1年後には、10,300米ドルに増えています。

このように、交換する2通貨に金利差がある場合、金利が高い通貨で運用していた方が得になるので、現在の為替レートで1年後に交換する約束をしていたのでは、有利・不利が生まれます。

そこで、101万円と10,300米ドルが等しくなるように為替レートを決めればよいことになります。

つまり、101万円÷10,300米ドル=約98円で為替予約すれば有利・不利がなくなります。

現在の1米ドル=100円と、予約した1米ドル約98円の差となる約2円分が、為替ヘッジコストです。

為替ヘッジありとなしの違いをシミュレーションしてみた

為替ヘッジありの場合となしの場合を比べてみたのが以下のチャートです。

①~④のケースを以下の前提で具体的にシミュレーションしてみます。

手元資金100万円
現在の為替レート1米ドル=100円
10,000米ドルと同じ価値
運用利回り5%

為替ヘッジ「なし」で円高になった場合

手元の100万円は、1米ドル=100円だと10,000米ドルです。

これを5%で運用すると、1年後は10,500米ドルになります。

1年後の直物レートが円高(1米ドル=80円)になっていた場合、受け取る日本円は以下のようになります。

10,500米ドル ✕ 80円/米ドル = 84万円・・・16万円の損失

為替ヘッジをしていなかったので、円高の影響をもろに受けてしまいました。

為替ヘッジ「あり」で円高になった場合

手元の100万円は、1米ドル=100円だと10,000米ドルです。

米ドルを購入した時点で為替予約をします。

金利差が1%とすると、1年後に1米ドル=99円で為替予約することなります。

さて、10,000ドルを5%で運用すると、1年後は10,500米ドルになります。

1年後の直物為替レートが円高(1米ドル=80円)の場合、受け取る日本円は以下のようになります。

10,500米ドル ✕ 99円/米ドル = 104万円・・・4万円の利益

もし、為替ヘッジをしていなければ、円高の影響をもろに受け損失を被ってしまうところでしたが、為替ヘッジのおかげで予め為替レートを確定させていたので、円高の影響を回避できました。

5%の運用で為替ヘッジのコストを上回ることができたので、結果的に利益を出すことができました。

為替ヘッジ「なし」で「円安」になった場合

手元の100万円は、1米ドル=100円だと10,000米ドルです。

これを5%で運用すると、1年後は10,500米ドルになります。

1年後の直物レートが円安(1米ドル=120円)になっていた場合、受け取る日本円は以下のようになります。

10,500米ドル ✕ 120円/米ドル = 126万円・・・26万円の利益

為替ヘッジをしていなかったので、円安の恩恵を受けることができました。

為替ヘッジ「あり」で「円安」になった場合

手元の100万円は、1米ドル=100円だと10,000米ドルです。

米ドルを購入した時点で為替予約をします。

金利差が1%とすると、1年後に1米ドル=99円で為替予約することなります。

さて、10,000ドルを5%で運用すると、1年後は10,500米ドルになります。

1年後の直物レートが円安(1米ドル=120円)の場合、受け取る日本円は以下のようになります。

10,500米ドル ✕ 99円/米ドル = 104万円・・・4万円の利益

為替ヘッジをしていたので、円安の恩恵をうけることができませんでした。

まとめ

今回は為替ヘッジとは何かというところから話し始めました。

繰り返しになりますが、「為替ヘッジとは、現時点で将来の為替を予約して確定させて、為替変動のリスクを避ける方法」でしたね。

為替予約したレートを決定するのは、2通貨間の金利差でした。

為替ヘッジありなしの影響をシミュレーションすると、

  1. 為替ヘッジ「なし」で円高になった場合
  2. 為替ヘッジ「あり」で円高になった場合
  3. 為替ヘッジ「なし」で円安になった場合
  4. 為替ヘッジ「あり」で円安になった場合

という4つのパターンがあることがわかりました。

 

■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料限定プレゼント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━■◆■



   

【無料】プレゼントを受け取ってみる




・自分を変えたい!
・会社を辞めたい!


とは思うけど、そう簡単にはならない現実。


日々悶々としていた社内ニートが
給料以外の副収入を持つオーナーになりました。


その結果、ずっとモヤモヤしていた不安が消えました。


・なぜ、そんなことができたのか
・どうやって、それを実現したのか

ノビのメールストーリーの登録者限定で
今なら【無料】の電子ガイドブックで
差し上げています。


全くの初心者から始めて、
自力で稼げるようになった過程を
まとめたメールストーリー。

【内容の一部】

# ボコボコにされ地を這いつくばった末に至った結論
# 会社を辞めたい!でも、多くの人が会社に行く3つの理由
# 赤っ恥を告白!会社で干されたときの一部始終
# タイムマシンで過去に戻れても絶対にやり直さないこと
# 過去の辛い出来事を人生好転のきっかけにする魔法のコトバ
# 自分で稼げる人と稼げない人の共通点と決定的な違い
# 苦労して難関資格を取得して沸き起こった感情
# 時給労働者からオーナーになって気づいたこと
# 早期希望退職のリアル|実際の現場はこうだった・・・(゚A゚;)ゴクリ
# ジャングルに放たれた動物園のライオンの末路(?)
# 7割で1歩踏み出す人生と完璧主義でゲームオーバーする人生
# 理想の自分に変えるために一番最初にすること


   

【無料】プレゼントを受け取って第1話を読んでみる



関連記事

  1. 不動産の共有名義を解消する7つの方法|相続トラブルを回避するために

  2. 戸建ての固定資産税はいくら?新築と中古で比較したときの金額は?

  3. クラウドファンディングとは?仕組みやリスクをわかりやすく解説

  4. マンション管理費の相場は?値上げで滞納したらどうなるのか

  5. インフレとは?5つの原因と預金の目減りを防ぐ対策をわかりやすく解説

  6. 住宅ローン控除の必要書類!確定申告の時期や忘れた場合の対応は?

  7. 資産運用における分散投資の考え方を初心者向けにわかりやすく解説

  8. インデックス投資がおすすめの理由は?「儲からない」との主張への考察

コメント

    • 匿名
    • 2022年 4月 06日

    お邪魔致します。
    為替ヘッジありで円高になった場合の説明なのですが、100万円運用して104万円受け取り4万円の損失、のところがよく分からないのですが。
    100万円が104万円に増えてるのに4万円の損失になる理由が理解出来ません。
    これがヘッジ無しだった場合、ヘッジありよりも4万円多くもらえたという事でしょうか?

    • ノビ
    • 2022年 4月 07日

    お問合せありがとうございます。
    ごめんなさいm(__)m
    100万円→104万円なので、「損失」ではなく「利益」です。
    記載誤りでした。ご指摘いただきありがとうございます。

    もし、為替ヘッジをしていなければ、円高の影響をもろに受け大きな損失を被るところでした。
    しかし、為替ヘッジのおかげで予め為替レートを確定させていたので、円高の影響を回避できました。

    この場合、運用益が5%で、為替ヘッジのコストを上回ることができたので、結果的に「利益」となりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 自己紹介

    【自己紹介】40代リストラ対象の社内ニートが7つ…
  2. 資産構築・運用・管理

    老後資金の準備方法を「アリとキリギリス」の3つの…
  3. 資産構築・運用・管理

    高金利通貨の新興国債券に手を出した男の末路から学…
  4. 資産構築・運用・管理

    外貨投資の損益の計算方法は?為替の基礎知識をシミ…
  5. 資産構築・運用・管理

    分散投資で資産を分散する投資対象・種類には何があ…
  6. 資産構築・運用・管理

    資産運用における分散投資の考え方を初心者向けにわ…
  7. 資産構築・運用・管理

    老後資金を一瞬で657万円溶かした話|資産を失っ…
  8. 資産構築・運用・管理

    金融商品のリスクとは?種類の一覧と意味をわかりや…
  9. マインドセット

    自分へのご褒美は意味不明?資産形成に必要な決断・…
  10. 資産構築・運用・管理

    投資と投機の違い・区別は?図解・シミュレーション…
  11. 資産構築・運用・管理

    投機とギャンブルの違いは?事例・図解で意味をわか…
  12. マインドセット

    会社に人生捧げるの?有楽町の飲み屋で洗脳の根深さ…