働き方改革で残業代がカットされるサラリーマンは副業すべきか

「なんでお前は、他の人がみんな夜遅くまで残業しているのに、先に帰ってるんだよぉ!あぁ~!?(怒)」

どうも、複業オーナーのノビです。

これは、かつて会社の上司に呼び出されてお咎めを受けた時のことばです。

私はそれに対し、「はい・・・すみません。。」と神妙な顔をしていました。

いや、「(他の人は)やることないけど、(あんたが)残業を評価してるからみんな残って仕事しているフリをしてるんじゃないですか」とか言ってたかも・・・・。

ごめんなさい。詳細は忘れました・・・w

でも確実に言えることは、その日もやることやって、すたこらサッサといつも通り会社を出たってことです。

・・・ホント、どーしよーもないクズなサラリーマンなんです、ワタシ(笑)

でも最近は、働き方改革とやらで、だいぶ世の中は変わりましたよね。

  • やることないけど、職場の空気を読んで残業
  • やることないけど、ワタシ(仕事が)頑張ってますアピールのために残業

という雰囲気ではなくなってきました。

働き方改革関連法案が成立し労働基準法が改正されます。

残業時間の上限がより厳格になり、罰則規定も設けられます。

一体どんな内容になっているのか、気になったので私の方で調べて簡潔にポイントをまとめてみました。

残業時間の上限が厳格化され抑制されるということは、残業代が減るということに直結します。

(残業代をアテにして、住宅ローンを組んだってことはないですよね・・・?)

今回は、サラリーマンの視点から、夕方以降の時間をどう使うのか、カットされる残業代を副業で補っていくのか、について私の考えをお伝えしていきたいと思います。

早く帰ったら奥さんに「えっ!もう帰ってきたの?(まだ帰ってこなくていいよ)」という反応されたからといって、夜の街をさまよう“フラリーマン”になり、ただなんとなく時間を潰すのはやめときましょうって話です。

働き方改革で残業時間の上限は?

働き方改革関連法案成立で、労働基準法が改正されます。

その結果、残業時間の上限は年720時間、単月では100時間未満までで、それ以上は違法となります。

ならすと、月に60時間ペースの残業ってことですかね。

改正前も、労働基準法により残業時間に一定の上限が設けられていました。

ただ、会社と社員の代表者との間で締結する労使協定の内容によっては、この上限時間を超えることは可能でした。(その場合の残業時間の設定には法律上の上限なし)

改正後は、労使協定を締結した場合でも残業は年720時間、単月100時間未満までとなり、それ以上の残業は違法となります。

ちなみに・・・

一部で適用除外される人もいます。

新技術や新商品、新サービスの研究開発業務については、残業がある場合に36協定は必要ですが、36協定に定める残業時間に法律上の上限は設定されません。

また、高度プロフェッショナル制度が適用される高年収の従業員についても、今回の法改正で残業規制の適用はありません。

新しい残業規制の内容は?

新しい残業規制に基づくルールを整理すると以下の4つになりますが、ルール4以外は現行法のルールと変更がありません。

  • ルール1:残業のあるすべての事業所について36協定が必要。
  • ルール2:36協定を締結した場合も「通常時の残業」は月45時間、年360時間まで。
  • ルール3:特別条項を設ける場合は、年6回まで月45時間を超える「臨時的残業」が許容される。
  • ルール4:特別条項があっても、残業はトータルで単月100時間未満、年720時間まで。

これを図示するとこんな感じです。

出典:弁護士法人咲くやこの花法律事務所

ちなみに、「36協定」とは労働基準法36条に基づく労使協定のことですね。

「さぶろくきょうてい」と呼ばれ、会社が法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えた時間外労働を命じる場合、この協定を締結することが必要となります。

会社は、労組などと書面で協定を結び、労働基準監督署に届け出することが義務となっています。

残業規制の罰則規定はどんな内容?

残業規制の罰則規定についてはこうなっていました。

6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金

この点は、改正前と変更はありません。

改正前でも多数の書類送検事例があり、残業規制に関するルール違反は「犯罪」として扱われています。

いつから新しい残業規制が適用される?

新しい残業規制の施行時期は以下の通りです。

  • 大企業:2019年4月1日
  • 中小企業:2020年4月1日

残業時間に上限を設ける本当の理由は?

そもそも、働き方改革で残業時間に上限を設ける理由はなんでしょうか。

私は、「企業が残業代をカットする、つまり人件費を削減する」ってことが一番の理由・目的になっているんじゃないかと思います。

技術革新が進み、世の中はどんどん便利になってきています。

その一方で、従来当たり前のようにあった労働や仕事が急速に失われていっている現実があります。

身近な例で言うと、スイカとかパスモの普及で、改札で切符を切っていた駅員はいなくなりました。

また、ETCの普及で、高速道路の料金所で通行料を徴収する人もほとんどいなくなりました。

出版業界だってそうです。

これまでは、作者が書いた一冊の本が読者に届くまでの間には、以下のようにたくさんの人や企業が介在し、ビジネスとして成り立っていました。

作者                            読者
↓                              ↑
→編集者→出版会社→印刷会社→製本会社→取次会社→輸送業者→本屋

ところが、今の時代は作者がほぼ直接的に読者に対して作品を届けられるのです。

作者→→→→→→→→→→(アマゾン)→→→→→→→→→→→→ 読者

(↓)                           (↑)
(→編集者→出版会社→印刷会社→製本会社→取次会社→輸送業者→本屋)

ネットビジネスの発展で、商流が劇的に変わり、「中抜き」が起きます。

つまり、これまで成り立ってビジネスがどんどんなっくなっていきます。

(あなたの会社で、「新規事業を探せ、新規事業を作れ」って号令がかかっていませんか?あれはこういうことが背景なんですよね。)

そんな状況にもかかわらず、企業の側はそうかんたんには従業員を解雇するなんてできません。

既存の事業はどんどん細っていくのに、人件費は固定費ですから、経営側からすれば改善したいポイントです。

なぜなら、数字の計算上はここを減らせば利益が上向き、株主から評価され、株価は上向くのですから。

そこで目を付けたのは、残業の削減です。

  • ワークライフバランスを!
  • 家族との時間を大切に

という正論を唱え、残業を制限し、残業代を抑制していくことになります。

正論を言われる社員も、表立っては文句は言えませんからね。

しかも、法律で残業時間を規制するようになったら、企業としては「コンプライアンス」という言葉で、大手を振って残業を禁じることができるようになります。

ただ、法律を変えたからといって、仕事量が短期間で劇的に減るわけではありません。

早くやれ!売上上げろ!働くな!残業すんな!

って、もう”とんち”のレベルですな(笑)

残業代をカットされたサラリーマンは副業するべき?

労働時間の抑制で最も影響を受けるのは、現場で働くサラリーマンです。

残業代があることを前提として、住宅ローンを組んだり、子どもを私立に行かせていたりしていると、この先結構きついと思います。

カットされた残業代を補うための方法として、夕方以降に居酒屋とかでバイトするというやり方があります。

これは確かに即効性があり短期的にすぐに稼げるといえば、そうなのですが、この発想で行動を続けている限り、物心ともに満たされることはない、と私は断言します。

会社で働いているのと同様に、誰かの指示を受け動き、自分の裁量は限られているからです。

自分自身の積み上げとなって将来の「資産」になるということはほとんどありません。

言ってみれば、「掛け捨て」の働き方なのです。

これを読んでいるあなたは、

  • 自分を変えたい!
  • 自分が変わりたい!
  • もっと自由になりたい!

と思っているのではないですか?

であれば、まずは時間を切り売りして収入を得るという発想から転換する必要があります。

どういう発想に転換するべきか、それはオーナーマインドを持つということです。

それは、ルールは自分で作り、時間ではなく成果で報酬を得るという発想です。

サラリーマンだとルールは全部会社が決めます。

否応無しに決められたルールに従う必要があります。

でも、オーナーはルールを自分で決めます。

法律や公序良俗に反しなければ基本的に何でもありです。

成果を出して報酬を得るには、常に「何故?」を問い、自分の価値を高める姿勢を継続しなければなりません。

そして、大事なことは全ての責任は自分にあると考えることです。

自分の人生のオーナーは、自分自身です。

複業オーナーとなって自分で稼ぎキャッシュポイントを複数持つことを意識しましょう。

残業が減らされて夕方5時に会社を追い出されるようになった。真っ直ぐ家に帰っても、家の中に居場所がない。だから、夜の街をさまようフラリーマンになってるってことは避けましょうね。(笑)

 
■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料限定プレゼント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━■◆■



   

【無料】プレゼントを受け取ってみる




・自分を変えたい!
・会社を辞めたい!


とは思うけど、そう簡単にはならない現実。


日々悶々としていた社内ニートが
給料以外の副収入を持つオーナーになりました。


その結果、ずっとモヤモヤしていた不安が消えました。


・なぜ、そんなことができたのか
・どうやって、それを実現したのか

ノビのメールストーリーの登録者限定で
今なら【無料】の電子ガイドブックで
差し上げています。


全くの初心者から始めて、
自力で稼げるようになった過程を
まとめたメールストーリー。

【内容の一部】

# ボコボコにされ地を這いつくばった末に至った結論
# 会社を辞めたい!でも、多くの人が会社に行く3つの理由
# 赤っ恥を告白!会社で干されたときの一部始終
# タイムマシンで過去に戻れても絶対にやり直さないこと
# 過去の辛い出来事を人生好転のきっかけにする魔法のコトバ
# 自分で稼げる人と稼げない人の共通点と決定的な違い
# 苦労して難関資格を取得して沸き起こった感情
# 時給労働者からオーナーになって気づいたこと
# 早期希望退職のリアル|実際の現場はこうだった・・・(゚A゚;)ゴクリ
# ジャングルに放たれた動物園のライオンの末路(?)
# 7割で1歩踏み出す人生と完璧主義でゲームオーバーする人生
# 理想の自分に変えるために一番最初にすること


   

【無料】プレゼントを受け取って第1話を読んでみる



関連記事

  1. 給料が上がらないから転職?副業で稼ぐ方が安全で資産構築が可能!

  2. 銀行副業解禁の本当の理由!許可は取るべき?金融業界の将来性も予想!

  3. 会社員の副業は利益率で考えよ!ネットビジネスと飲食業で比較したら・・・…

  4. 「仕事を辞めたい」は甘え?転職せずストレスを減らした私のやり方

  5. ブログが資産構築ビジネス(権利収入)となる理由!労働収入との違いを認識…

  6. 辞めるな危険!オーナー会社員なら脱サラ自営業者より失敗は少ない?

  7. ネットビジネスが怪しい理由は?副業初心者がブログで収入を得る仕組み!

  8. お金を増やす3つの方法(コツ)!副業で不労所得を得ることの意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私の過去と日常

    【自己紹介】40代リストラ対象の社内ニートが7つ…
  2. マインドセット

    人生の目標を見失った…人生の折り返し年齢からでも…
  3. お金の知恵

    親の死への準備でわかった失敗しない葬儀社の選び方…
  4. 私の過去と日常

    親の死への覚悟や心構えと葬儀で考えた40代男の今…
  5. マインドセット

    このままでいいのか?と仕事に不安を感じていた私が…
  6. ブログ・マーケティング

    ブログで稼げない3つの原因と初心者が挫折しないた…
  7. マインドセット

    人生の最期に後悔しないために80代へのアンケート…
  8. お金の知恵

    住宅ローンがもう払えない!任意売却できるタイミン…
  9. お金の知恵

    住宅ローンを滞納したらどうなる?競売手続き開始ま…
  10. お金の知恵

    住宅ローンの返済がきつい!滞納・任意売却の前にで…
  11. マインドセット

    ノウハウを学んでも行動できなかった私に迷いがなく…
  12. 私の過去と日常

    マウンティングおじさんから責任転嫁されそうになっ…